値段

ヘッダー

一般社会に浸透するにはまだ値段が高い

江戸時代以前から、民衆の使う下着として定着していたものですが、値段は時代の流れと共に着用されることがなくなっていきました。

しかし、近年では、これの健康効果と美容効果に注目が集まり、女性の間で着用する人が多くなってきています。

イメージというと、男性が着用するものというイメージがありますが、日本書紀の中には、若い層も着用していたいという記述もありますし、これが腰巻きと一緒に下穿きとして使用していたことがわかっています。

生理用品がない時代でしたので、値段はオーソドックスの場合、生理用の帯として履いていたこともあるようですが、普段セレブの下着について話すことは、マナーとして控えられていたため、芸能人が着用していることが広まることが少なかったのでしょう。

江戸時代から戦後にかけては、女相撲や、舞台演劇界で男装する女役者の着用する姿を見かけることはありましたが、敗戦後にアメリカの生活が日本にブームとして浸透してきたことから、パンツを穿く人が増えていき、だんだんと使用者はいなくなっていきました。

現代になると、グラビアタレントが写真集などで使用することがありましたが、一般のOLたちが普段の生活で通常を履くことはありませんでした。

しかし値段も、日本ふんどし協会が「ベストふんどし賞」を発案したり、これが女性用のファッションとしておしゃれで、且つ穿きやすい種類が増えたことから、これらは多くの主婦がこれに興味を抱くようになったのです。

興味がある方にしか出せない値段の設定

テレビやファッション雑誌でも、健康効果や美容効果について伝えることが多くなったことも、値段によっては使用者を増やすきっかけになっていきます。

これの健康効果は、パンツと違ってゴムを使用していないので、腰回りを締め付けることがなく、楽な穿き心地が特徴になっています。

まず女性の場合、下半身を締め付けてしまうと、血液の流れが悪くなり、むくみや冷えの原因を作りやすくなり、これは冷え性や生理不順、肌荒れなどが起こることもあります。

特に睡眠時には、下半身を必要以上に締め付けると寝付きが悪くなって快適な眠りが、この値段でもできなくなります。

また、パンツを穿いていると蒸れやすくなるため、デリケートゾーンに赤色の炎症ができたり、かゆみが起きることがあります。

実は通気性に優れているので、蒸れることもなく不快感を解消することができるでしょう。

女性用のふんどしはさまざまな素材で作られていますが、値段によって肌に優しく肌触りのいいものが多くなっています。

値段だけでなく麻や絹など素材にこだわったものを

特に人気なのがリネンやガーゼ素材のもので、アトピーや肌の敏感な人でも安心して肌に着けられることと、使うほどに肌馴染みが良くなることから愛用者が多いようです。

リネンは防臭効果や防菌効果もあるので、肌に直接触れるふんどしには最適な素材と言えるでしょう。

素材や種類によって値段は代わりますが、大体2000円前後が一般的になっていて、素材にこだわっていたりブランド性のあるものでも4000円程度で購入することができます。

今ではいろいろな専門通販サイトもありますし、店頭に行かなくても気軽に買えるようになっているため、人に見られて買うのが恥ずかしいという人でも購入しやすくなっています。

「パンドルショーツ」や「ななふん」など女性が呼びやすい呼び方をしているところもあるので、値段で今まで躊躇していた人も挑戦しやすいのではないでしょうか。

一般的には細い紐がついた布一枚のタイプとなっていますが、女性用の場合、前垂れがないものが主流となっていて、男性用とは違う形になっているものもあります。

そして普通のパンツと変わらないように履くことができるものもあるので、普段の生活でもかなり使いやすいようになっています。

普段の生活で履くのには勇気がいるという人は、この値段でも部屋にいる時や睡眠時に体を休めるための下着として使うのもいいですね。