オーガニック

ヘッダー

時代を超えたオーガニックなしゃれふん

ふんどしと聞くと男性の下着と思う方が多いと思います。

しかし、今はおしゃれな女性用のがたくさんあります。

ふんどしは、室町時代には「手綱」、江戸時代初期には「下帯」、江戸時代後期に「ふんどし」と古い日本に伝わる伝統的な種類の下着の一つです。

この下着が今普及していないのは、文明開化の時代に日本に来た外国人を、実際にかなり驚かせたそうです。

それで、「みっともない」と言うことが広まり、だんだん今のパンツが広まったのです。

ふんどしは、「お尻を包み込む下着」「締め付けのない下着」という利点があります。

現代のストレス社会では女性たちも、日々の仕事、育児、家事と多くのストレスを受けています。

少しでもストレスを減らすためにも、締め付けのない下着にかえてみませんか?

女性用の下着はゴムの締め付けが強いものが多いのです。

ゴムの締め付けが強いことで、血行不良がおこりやすくなり、冷え性やむくみです。 または大切な女性のデリケートゾーンのよくあるトラブルの原因にこれがなることもあります。

締め付けの強い下着をやめることで、適度な冷たさの刺激が身体に与えられ、これが体内で熱を作り出そうとするような力が働きます。

この結果、内臓の働きが活発になって血行がよくなります。

オーガニックなだけでなくお洒落な下着として

芸能人も愛用する血行がよくなると、「冷え」をはじめ、便秘や下痢、生理通、生理不順など、さまざまな症状を上手く改善します。

リラックスタイムや就寝時、疲労で外出しない日だけでも、締め付けがある下着のストレスから解放することは、身体にとてもやさしいことです。

女性用のふんどしは、自然素材のオーガニックコットンやリネンなどが使われていることが多いです。

デリケートゾーンを守るための下着ですし、リラックスした状態を作るためには、肌にとても優しい素材を選ぶものがかなりいいです。

また、高級衣服にも使用されている天然素材は、汗の吸収と発散性、抗菌力や防臭効果などがあります。

天然素材は、洗えば洗うほど柔らかくなり、肌に馴染みやすくなります。

また、耐久性もあることで繰り返しの洗濯でも伸びにくく、汚れも落ちやすいのが特徴です。

「布おむつ」みたいな感じです。

このようなデザインは、花柄や水玉、ギンガムチェックなどの物やカラーもたくさんあります。

ふんどし=お相撲さんのイメージが強いかと思いますが、このタイプは分類で「六尺ふんどし」という種類の珍しい仕組みのものです。

文明開化の時代に穿かれていた下着がこのタイプです。

常用のふんどしで、前で紐を結ぶタイプを「越中ふんどし」と言い、お尻が出るようなタイプではありません。

お尻に食い込むようなことはなく、付けてるのを忘れてしますような身体に負担が少ない下着です。

もう1つ常用のもので「もっこふんどし」と言うものもあります。

前で紐を結ぶのではなく、横で紐を結ぶタイプで、ゴムの入っている下着のような感じです。

ファッションアイテムとしてもオーガニックは重要

昔は、これを身に付けて川や海で泳いでいたそうです。

丸めると卵くらいの大きさになるので、携帯に大変便利だったそうです。

日本ふんどし協会があるのはご存知でしょうか?歴史や普及活動の内容です。 メディア掲載された内容やなぜ体によいものなのか?などがまとめられているが日本ふんどし協会のサイトです。

書籍も販売されています。

1つは、締め付けないことで、寝ているだけで血流がアップする。

どんどん若返る!?むくみ、冷え、便秘、不眠、ストレス、肌荒れが解消!という内容の、夜だけ温活という書籍です。

もう1つは、うつになって本当に好きなものに出会った、ふんどし1枚で人生は変えられるという内容の書籍です。

海外の方から見た、日本固有の下着の形状に驚くと同時に、その快適さにも驚きお土産で購入していく方が多いそうです。

2月14日が、「ふんどしの日」です。

偶然にバレンタインデーと一緒になったようです。

意味は、1(ひぃ)、2(ふぅ)、3(みぃ)、・・・・14(どぉしぃー)から、来ています。

決して、バレンタインデーに便乗したわけではないようです。