作り方

ヘッダー

昔からある伝統的な作り方でなくても良い

作り方の話の前に今これが密かなブームになりつつあるのを知っていますか?このトピックは、お祭りなどで使われる古く伝統的なものというイメージがありますが、その機能性の高さから現代でも見直されています。

男性だけでなく、特に若い世代愛用者が増えてきていて、ファッション誌やテレビなどでも特集が組まれることもあります。 これが女性用のふんどしが月間で800枚も売れたことがあるほどブームになっています。

そもそもは江戸時代以前から、着物の下に履く下着として使われていましたが、これは浮世絵などの書物を見てみると、これを出している姿もあることから、大工や魚屋などの職人や商人にとっては仕事着としての役割があったようです。

この頃は表に出していても恥ずかしいということもなく、作り方が受け入れられていましたが、文明開化の時代に入り、外国人が日本にやってくると、下着の姿でお尻を出している姿に批判が集まり、面前で出すことを禁止するようになります。

その後、戦後になると軍隊で使われていた越中ふんどしが軍国主義の象徴だといわれました。 日本人の下着もアメリカから入ってきたパンツへと分化が徐々に変化していったのです。

明治からは、お祭りや相撲などにしか履かないものという印象が強くなり、普段の下着として使うことがなくなっていました。 これが現代になって、健康効果に注目が集まり、日本ふんどし協会から、今のの時代に合ったおしゃれなものが販売されるようになったことで人気が出てきました。

専用の下着はゴムで腰回りを圧迫しているため、血行が悪くなり、下半身の冷えやむくみの原因をここで安易に作ってしまうことがかなり多くあります。

下半身の血行が悪いと婦人系の病気になりやすかったり、冷え性などをこれが悪化させてしまうことがあります。

また、作り方以外にも下半身を締め付けていると、かなり睡眠の質を悪くするので、良い睡眠が取れないこともあります。

型紙やサイズ表を使う簡単な作り方

細いビキニラインの黒ずみなども起こるので、女性にとっては美容にも健康にもあまり良いものではないですね。

作り方は誰でも簡単でふんどしはゴムによる窮屈な締め付けもなく、ビキニラインに黒ずみを作ることがないのが特徴です。

通気性にも優れているため、特にお風呂上がりや睡眠時に履くことでデリケートゾーンが蒸れることもないので、かゆみや炎症などのトラブルにもなりにくいです。

普段から履くのはちょっと抵抗があるという方は、部屋の中でリラックスしたい時や、就寝の時に履くようにするといいですね。

今ではさまざまなタイプのものが揃っていて、女性用にデザインをおしゃれにした作り方のものや、これが肌にやさしい素材で作られているものがありますので、おすすめなのがリネン(亜麻)でできたもので、肌ざわりが良く柔らかいことから、履いていてもストレスを感じることがありません。

防臭効果や防菌効果に優れていることや、アトピー、敏感肌の人でも安心して使えるので一度、作り方を知り試してみるといいですね。

綿テープでの手ぬぐいでの作り方

現代社会においてはふんどしは市販のものだけでなく、自分の好みの柄や素材の手ぬぐいを使って作ることができます。

作り方はとても簡単で、好きな柄や素材の手ぬぐいを一本と、太めの綿テープ120cmを用意します。

手ぬぐいは新しいものでもいいですし、使い古したものだと肌触りも柔らかくなっているので、やはり履いた時に馴染みやすくなります。

綿テープがなければ天然素材の紐を用意しましょう。

まず、手ぬぐいの短い方の端を三つ折りにして、女性用の作り方は綿テープが通る幅に合わせて縫い合わせます。

そこに綿テープを通せば完成です。

または、綿テープを手ぬぐいに巻き付けて一緒に縫い合わせてもいいですが、洗濯をする時に別に洗いたいという方は、綿テープを縫い合わせないほうがいいでしょう。

オリジナルで自分で作ることで経済的にも楽になりますし、簡単に作れるのでたくさん揃えることができて楽しめるでしょう。